ポイントデータの生成(コンビニデータ)

ここでは、コンビニエンスストアの位置、駐車場などのデータを、空間上の点データ (以下、ポイントデータと呼びます)と して入力し、同時に属性データも入力する作業について説明しています。

  1. まず、ポイントデータを入力できるレイヤー(正確にはshpファイル)を 作成しなくてはなりません。そのためには、 ArcCatalogというアプリケーションを起動させ なくてはなりません。下記のいずれかの方法でArcCatalogを起動させましょう。

  2. ArcCatalogが起動すると下記のような画面が出てきます。下の画面の左側のように、 千葉市の一連のデータがあるフォルダを 指定します(青地に白文字の状態になります)。ここで

    メニューバーの「ファイル[ → 「新規作成」 → 「シェープファイル」

    を指定します。

    ArcCatalogでデータのあるフォルダを
指定している状態


  3. 上記の結果、「新しいシェープファイルの作成」という画面が現れます。そこで

    とします。このままでは座標系を与えていないので、「編集」ボタンをクリックし ます。

    「地理参照のプロパティ」という画面が現れますので、「選択」ボタンをクリック します。そこで、既存の千葉市のデータの座標系を選びます。つまり、下記の順番に 選択していきます。

    座標系 → 日本周辺座標系 → 地理座標系(経緯度) → JGD2000.prj
  4. ArcMap上で、先ほど作成したshpファイル(以下、「convenience_store」として 話を進めます)を追加します。

  5. 「convenince_store」の属性テーブルを開き、下記のフィールドを追加します。
    注意:「編集の開始」を指定しません。指定していると、フィールドを追加で きません。

  6. 別ページで図示されているコンビニの位置データを順次、 ポイントデータとして入力します。 「エディタ」ボタンで「編集の開始」が選択されているという前提です。

    ポイント入力 ポイント入力のため、左の画像の鉛筆マークをクリックします。 そして、番号の小さい順にポイントを入力していきます。

    入力作業中は、入力可能な状態が水色の円で 示され、直前に入力したデータは水色の円に十字が重なっている状態になります。 ここでの入力に関しては厳密な位置を求めませんので、大体の位置で構いません。

    すべてのポイントデータを一気に入力するのではなく、時々「属性テーブル」を 開いて、正しくポイントデータが入力されているか確認しましょう。

    注意:すべてのポイントデータを入力してから、次に紹介する属性データの入力 作業を行っても、 また、ポイントデータを入力したらその属性データを入力して次のデータに移っ てもどちらでも構いません。


    入力後の結果

    上記の拡大図: [ポイント1-4] [ポイント3-10] [ポイント11, 16-22, 25, 26] [ポイント12-15, 23, 24]

  7. コンビニの属性データを、下の表のように属性テーブルに入力します。 「Id」には1, 2, 3 ... と番号を入力しましょう。 「系列名」などのその他の情報は、そのまま対応するフィールドに入力していき ましょう。

    convenience_store.shpの属性テーブル

[地理情報システム ArcMapの使い方] [地理情報システム論 ホームページへ]
須崎純一 京都大学大学 工学研究科都市環境工学専攻 環境情報学講座